【2019年入社】技術事業部 補償課 補償係 渡辺 一磨
入社きっかけ 私は他業種から転職してきました。地元の発展に貢献したいと思い15年ぶりに地元に戻ってきました。菊池技研コンサルタントの会社見学した際に社長から「新しいことにチャレンジするのに遅いことはない」と言葉を頂き、地元の発展に貢献でき、新たなことにチャレンジするならこの会社だと思い入社しました。
担当職務 公共事業を施行する際に、土地を取得したり、建物等を移転する必要が生じる場合があり、国や地方公共団体等の施行者は土地所有者や建物所有者等に正当な補償をする必要があります。私たちはその対象となる建物等を調査し、移転方法や移転先を考慮した上で、補償金額の算定及び資料の作成を行っています。
当社の魅力/
やりがい
私は地元の発展に貢献したいとの思いで入社しましたが、現在担当している補償業務は他部署のように目に見える形となって現れる業務ではありません。しかし、公共事業を施行するにはなくてはならない業務です。公共事業の縁の下の力持ちとして地元や社会の発展に貢献していると自負して業務に携わり、やりがいを感じてます。
休日の過ごし方 息子と過ごしている時間が多いです。散歩をしたり、公園で遊んだりして息子との時間を大切にしてます。
日々出来ることが増える息子の成長を見るのは本当に楽しいです。
目標 補償業務管理士の資格取得を目標に掲げています。一定の実務経験が必要な資格であるため、今は業務を通じて知識の向上に努めています。将来的には複数の部門の資格を取得して会社に貢献したいです。
求職者へ
メッセージ
皆さんには色々な可能性があると思います。一つの分野に拘るのではなく、さまざまな視点で色々な分野の会社を自分の目でみた上で就職活動を進めていくことをお勧めします。今やりたいと思っていることとは違う分野の仕事を選んだとしても最終的にはやりたい仕事に通ずるということを私は経験しました。
視野を広く持ち、ネットなどでの評価で判断するのではなく自分の目で見て判断して欲しいです。そのうえで菊池技研コンサルタントを選んでくれたら嬉しいです。