i-Construction(アイ・コンストラクション)対応

 国土交通省では、「ICTの全面的な活用(ICT土工)」等の施策を建設現場に導入することによって、建設生産システム全体の生産性向上を図り、もって魅力ある建設現場を目指す取り組みであるi-Construction(アイ・コンストラクション)を進めています。

(国土交通省ホームページより一部引用)

【菊池技研コンサルタント】ICTPR動画(画像クリックで再生)
UAV測量及び地上レーザ測量

UAVレーザスキャナや地上レーザスキャナを使い、スキャナからレーザを射出して、再びスキャナへ戻るまでの時間によって測量を行う方法です。


3次元CADによる土工モデル

3次元CAD及び3次元データを利用する事により、建設現場におけるマシンコントロールを実現し、現場施工時の生産性の向上を図ります。


4Dモデル

4Dモデルとは、3Dモデルに時間情報を加えたモデルである。
時間情報を付与した4Dモデル施工手順を可視化し、実現可能な工程かどうか、安全性を考慮した施工が可能かなどを確認できるのが特徴

(日刊建設工業新聞2021年9月27日から一部引用)


3次元柱状モデル

電子納品されたボーリング交換用データの緯度経度から直角座標系上にボーリングモデルを作成するほか、ボーリング情報に含まれた地層データから、地層サーフェス及び支持層サーフェスを作成します。

(川田テクノシステムホームページから一部引用)


3次元配筋モデル

土木構造物の躯体や鉄筋を実際の寸法で3次元表示することで、複雑な配筋状態を確認することができるほか、鉄筋同士の干渉チェック等を行う事ができます。

(フォーラム8ホームページから一部引用)