ICT技術の活用

i-construction(アイ・コンストラクション)対応

国土交通省では、建設現場の生産性向上の資する「i-Construction」を着実に進める取り組みを行っております。今後、ICTを活用した工事が増えるにつれて、UAVその他3次元計測を用いた高精度な測量のニーズも高まってくると考えられます。株式会社菊池技研コンサルタントは生産性向上と品質確保に向け、ICT技術を利用して新たな現場への対応と創造に取り組みます。

【Step 1】UAV搭載型レーザー、地上レーザースキャナによる3次元計測
【Step 2】3D点群データの作成

3Dスキャンデータを元に、3D点群データを作成します。
(その後、必要の無い点を削除して整えます。(この作業を『フィルタリング』と言います)

【Step 3】3Dモデルの作成

3D点群データを元に3Dモデルを作成します

【Step 4】3次元CADによる設計モデルの作成

作成した3Dモデルを基に、3次元設計データを作成します。

【3次元CADによる設計のメリット】
・2次元に比べて3次元モデルで立体交差や地下埋設物を見ながら打合せした方が理解しやすく、また細かいところまで確認できます。
・発注者によるチェックがしやすくなります。
・2次元では気づきにくいことも、3次元化してみると一目瞭然です。
・3次元設計データを用いて、ICT建機による施工が可能となり、生産性の向上につながります。

お問い合わせ先(技術事業部 測地課)

i-constructionに関するお問合せはこちらのページからお願いします