かき殻漆喰壁材「海と太陽のめぐみ」は、自然のめぐみから生まれた、快適で健康的な人に優しい壁材です

相乗効果

相乗効果

~「海と太陽のめぐみ」相乗効果~~

「海と太陽のめぐみ」の効能は次に挙げる4つです。

「抗菌」「消臭」「調湿」「分解」

シックハウスなどの環境問題が取りざたされて久しい現代です。
みなさんの中には、これらを見て、こう思った人も多いのではないでしょうか。

『どこかで聞いた事がある』『ありきたりだ』
『もっと手軽で、安価な製品が世の中には数多く出回っている』

確かに、これら一つ一つの効果については、他にも素晴らしい、多くの製品があります。
しかしながら、それぞれの素晴らしい機能を活かした上で、更に4つの機能間の『相乗効果』により、新たな価値を生み出す事に「海と太陽のめぐみ」は成功したのです。
これからその「相乗効果」と「新しい価値」について、いくつか説明します。


~『吸着』+『分解』=『効果が半永久的に続く』~

「海と太陽のめぐみ」に使われている牡蠣殻には吸着能力があり、空気中に浮遊する臭いの原因物質や有害物質などを吸着して、高い消臭能力を発揮します。
これに光触媒による分解機能が加わると、高い消臭機能を半永久的に持続させる事が可能となるのです。

みなさん、イメージしてみてください。掃除機です。
掃除機で掃除をした後には掃除機の中にはゴミが残ります。
掃除機の中でゴミが一杯になると、ゴミを吸い込む事は出来なくなります。
「海と太陽のめぐみ」は「分解=ゴミ捨て」の役割を果たすので、常に「新品の掃除機」の状態が半永久的に続いて行くのです。

臭いに敏感な現代人に合わせ、数多くの「消臭・抗菌」製品が世の中に出回っています。
これらの製品は、人々の生活を快適にし、健康を守る、とても素晴らしい製品です。
しかしながら「使うと減る」「効果には期限がある」という宿命も背負っております。
「海と太陽のめぐみ」は「相乗効果」により、その欠点を克服し、高い消臭・抗菌効果が衰えることなく、半永久的に持続させる事を可能にした、全く新しい製品なのです。

~『調湿』+『分解』=『綺麗な空気を作り続ける』~

「海と太陽のめぐみ」に使われている牡蠣殻粉末には「調湿」効果があります。

これは、ジメジメしている時には水分を取り込み、空気が乾燥している時には水分を吐き出す効果です。
この仕組みは、他の壁材や建材である「珪藻土」や「土壁」「障子紙」や「襖」、それに「木材」にも同様の機能があり、多湿の日本の気候に適した素晴らしい建材であります。

みなさん、イメージしてみてください。
空気中の水分には、何が含まれているでしょうか?
例えばアンモニア等の臭いの原因物質、カビやカビの胞子、ダニの糞、その他の化学物質も、当然水蒸気の中にも取り込まれているのは想像に難くありません。
その事を考えると、空気中の水分とは「綺麗な水」ではなく、実は数多くの物質を含んだ「汚れた水」のようなものと言えるのかもしれません。

調湿作用とは「吸い込んで、吐き出し」ます。
汚れた水を吸い込むのは良いですが、当然、吐き出す水も「汚れた水」です。
新品の頃は「吸い込む」場合が多いので良いですが、やがては吸い込んだものを吐き出すのですから、結局は「元の木阿弥」になってしまうのは想像に難くありません。
しかし「海と太陽のめぐみ」の場合、光触媒の「分解」作用により、一度取り込んだ「汚れた水」は、その瞬間に分解され「綺麗な水」となって吐き出されます。

調湿機能を持つ数多くの製品は、多湿の気候を持つ日本において、本当に素晴らしい製品です。しかし「海と太陽のめぐみ」は、それらの隠された欠点を「相乗効果」によって補った「更に一歩進んだ」製品なのです。

お気軽にお問合せください TEL 0192-47-3748 受付時間 8:00-17:30(土日・祝日休み)

PAGETOP